私は特別モデルや芸能人になりたいというわけではないけれど、スタイルが良くてきれいなタレントをテレビで見ると、強い羨望のまなざしで見てしまいます。
特に、デビュー当時は冴えなくて田舎娘に毛が生えたくらいにしか見えなかった芸能人が、時が経つにつれてどんどんきれいになっていくのを見ると、羨ましさのあまり「いいなぁ~。」とため息が出てしまいます。

私は、どんどんきれいになっていく芸能人には、ある共通の法則があることを見つけました。きれいになっていく芸能人はその過程でみんな痩せていくのです。もちろん、化粧や髪型、服のセンスが上がっていくのもありますが、それらを引き出す元になるのが体型。つまりは痩せてスレンダーになることで、化粧、髪型、ファッション、すべてのおしゃれをトータルでアップさせることが出来るのです。逆に言えば、スタイルが良くならなければ何をやっても似合わない、孫に衣装ということですね。

例を出せば宇多田ヒカル。デビュー後一時期は顔がアンパンマンみたいに丸くて体全体むくんで見えた時期があり、その時期に宇多田ヒカルが歌っているのを聴いてもポッチャリ体型が先に目についてしまい、あの楽曲の素晴らしさや歌唱力が霞んで見えてしまい、少し残念に感じていました。ところがしばらくして久しぶりにテレビで宇多田ヒカルを見たとき、顔や体のむくみがスッキリ取れてシャープで軽やかなラインに変わり、とてもかっこよくて美しい女性に変身したのを見てびっくりしました。そして変身した宇多田ヒカルの歌う曲はますます心にしみて来て曲までより美しく聴こえてしまうのでした。

芸能界というテレビの世界の出来事でも、私の頭の中ではしっかりと痩せて美しくなっていく法則やイメージが出来上がっています。女性は容姿が変わると人生も変わることも理解できます。このイメージを自分に映し出してうっとりするのも束の間、現実に戻って落胆の日々。「あ~痩せたい!」といつも思います。

関連記事

腕出したい!脚出したい!ヘソ出したい!

心も身体も豊かにダイエットしたい

私の痩せたい気持ちについて

まずは気持ちをリラックスさせるために

ダイエットとはとはなんぞや

痩身サロンの失敗しない選び方